成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

孫子兵法コラム「多面評価制度」

      2017/01/19

孫子兵法の経営解釈「社員に活躍してもらう」で孫子兵法をふまえ、幹部育成についてお話しましたが、

幹部育成のソリューションの一つに「多面評価」があります。これはもともと外資系の超大手企業で始まった手法ですが、これを中小企業用にカスタマイズして、弊社自身も運用しています。導入から15年以上経過し完全に定着していますので、導入から運用のステップをご紹介します。

  1. 導入目的の整理
  2. 当社にふさわしい質問項目と評価尺度の設定
  3. 評価結果の捉え方の整理
  4. 運用方法の検討(目的や実施に関する全社への告知方法、フィードバック面談のやり方、また、その時々で社員のどんな心情に心を配るべきか、そのためにどんな対応をするかなどを、具体的なメールの文面といった事務レベルの検討を含む)
  5. 実施

 新たな人事制度導入の際には、社員に納得して進めてもらうように細部わたる設計が必要です。

先日、あるお客様から「アタックス流の多面評価を導入したい」と依頼を受けて、弊社の経験を活かして、制度設計や運用のご支援をさせていただきました。

多面評価の被評価者となった管理職全員に対するフィードバック面談を終えられた社長から、「面談したことに大きな価値があった。とても深い話ができて本当によかった。面接後は全員と握手ができた。」と興奮気味におっしゃっていただきました。

また、管理職の面々も、それぞれの立場で自分と同じように気を遣い、苦労しながらその部下などに接していることがよくわかり、とっても新鮮だったとのこと。自分は社長という立場上当たり前だと思っていたが、管理職のみんなもそうだったんだ、とうれしそうにされていました。
多面評価には、幹部の育成ポイントを明らかにするのはもちろん、このような効用もあります。

 - (経営成功のコツ)孫子に学ぶ経営のヒント ,