成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労務ニュース 残業に関するQ&A

      2019/06/13

中国上海市人社部のウェイボーに「残業Q&A」がありましたので、ご紹介します。

基礎的な知識ですが、参考になればと思います。

Q:李さんは業務の都合上、月曜日と火曜日に休み、水曜日から日曜日まで出勤した。この場合、土曜日、日曜日は残業となるか?
A:休息日は週末である必要はない。日8時間、週40時間の労働時間であれば残業にならない。よって、この出勤では残業代を支給する必要はない。

Q:管理職の王さんに週末に当直をすることなった。当直なので電話対応や緊急対応をすることになる。この場合、休日出勤となるか?
A:労働者が当直に従事することは、自身の本来的な業務ではないため、法的には残業とは見做されない。この当直中の待遇は、各企業の状況から判断し、労使で民主的に協議しルールを策定し決定する。

当直は最近では少なくなっていると思いますが、もし、やってもらうようなことがあれば、ルールを制定する必要があるようです。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたら下記から内容を記入して送信してください。

 

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース