成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労務ニュース 高温手当は一括支給してもいい?

      2019/06/11

中国上海市人社部のウェイボーに「高温手当の支給時期」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

高温手当は地域によりますが、一般的には6月~9月で支給されます。
対象となるのは、露天作業などで冷房が効かせることができず結果、33度未満で作業できない場合に支給することになります。
上海市では今年は月300元です。

なお、冷房の効いたオフィスで仕事をする方には支給する必要はありません。

Q:王さんは、露天作業のため会社から高温手当の支給を受けている。王さんの勤務する会社は、6月に4か月分を一括で先払いする方法で支給している。王さんはこのような支給では、個人所得税の計算上、納税額が増えるため、毎月支給にしてほしいと考えている。高温手当はどのように支給するのが正しいか?
A:高温手当の支給について、支給方法や時期などについて具体的に定めたものはない。企業は従業員との民主的な協議を通して合理的に支給時期や方法を定め支給する。

金額は300元、期間は一般に6月~9月、ということ以外は定めがないので、労使で協議となるようです。
よく見かけるのは、毎月支給のパターンですが、9月にまとめて支給というパターンも見かけることがあります。

個人所得税は累進なので収入が多くなると、税率も階段式に高くなっていきます。
4か月分一括して賃金に加算して支給されると税額に影響が出ることは確かにありますね。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたら下記から内容を記入して送信してください。

 

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース