成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労務ニュース プロジェクト採用社員と試用期間の関係

      2019/06/07

中国北京人社部のウェイボーに「一時雇用社員と試用期間」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

繁忙期に一時的に雇用する社員に対して試用期間を設定できるかのQ&Aです。

Q:当社は、IT企業である。大型プロジェクトの開発を抱えているが人手不足であるため、臨時的に数名のプログラマーを雇用しようと考えている。この場合、彼らと一定の業務の完成を以て期限とする労働契約を締結しようとする場合、試用期間は設定できるか?
A:試用期間は設定できない。労働契約法第19条に以下の定めがある。
・一定業務を完成を以て期限とする労働契約或いは労働契約が3か月未満の労働契約は、試用期間を定めることができない。

期限付き雇用がいいのか、外注として委託するのがいいのかは、企業が行う業務次第ではあると思いますが、期限付き雇用の場合は、このようなルールがありますのでご留意ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたら下記から内容を記入して送信してください。

 

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース