成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労務ニュース 結婚休暇の基礎知識

      2019/02/21

中国上海市人力資源社会保障部のウェイボーに「結婚休暇の基礎知識」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

若い社員が多い会社が多いと思いますが、結婚でお休みする場合の労務上の扱いです。

Q:結婚休暇は何日ですか?
A:国家が規程する3日間の結婚休暇に加えて、7日間の結婚休暇を利用できる。

Q:再婚は?
A:再婚も初婚も法律上の扱いは同じである。

Q:結婚休暇期間中の給与はどう支払うか?
A:労働者が法律によって結婚休暇期間を享受する場合、企業はその期間中も給与を支払わなければならない。
休暇期間中の給与は、労働者の正常出勤月の給与を基礎として支給する。なお、賞与、通勤手当、食事手当、残業手当など特殊状況下で支払われる給与は含まない。具体的には《上海市企業給与支払弁法》に規定がある。

Q:結婚休暇は有給休暇に影響するか?
A:影響しない。

Q:結婚休暇と結婚証の日付との間に関係はあるか?
A:法律によって関係が定められているわけではない。

上海市企業給与支払弁法の第九条に結婚休暇中に支給する給与に関する規定があります。
第九条は、結婚休暇と残業手当の計算基礎について定められており、どちらも基数は同じとなっています。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース