成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労務ニュース 社員が労働契約締結を拒否した場合、どうなる?

      2019/02/21

中国北京市人力資源社会保障部のウェイボーに労働法に関するQ&Aがありましたので、ご紹介します。

労働関係がスタートしてから1か月以内に書面での労働契約の締結が必要になりますが、これに関するQ&Aです。

Q:社員が労働契約締結を拒否した場合、どうなる?
A:社員として業務開始後1か月以内に書面による労働契約を締結することになるが、企業が書面で通知した後、社員がサインを拒否した場合、企業は書面で労働関係が終了することを通知すれば、経済補償金を支払う必要はない。しかし、労働に対する給与等の報酬は支払わなければならない。

社員がサインを拒否することはレアケースだと思いますが、これを書面で残しておけば、経済補償金を支払う必要はありません。

書面(&社員のサイン)というエビデンスが必要ですね。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース