成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労働契約ニュース 30日前に解雇通知すれば解雇できるケースとは?

      2019/02/21

中国人社保部のウェイボーに「30日前に解雇通知すれば解雇できるケースとは?」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

Q:30日前に解雇通知すれば解雇できるケースとは?
A:労働契約法に以下の規定がある。
以下のケースでは、会社は30日前の書面による労働者本人への通知或いは、賃金1か月分を余分に支払うことにより労働契約を解除できる。
(一)労働者が病気或いは労働災害以外の負傷に起因し、規定の医療期を満了後も業務に従事することができず、別途提供した業務にも従事できない場合
(二)労働者が所定の業務を遂行する能力がなく、研修又は業務の変更をしても遂行できない場合
(三)労働契約締結時に根拠として客観的状況に重大な変化が生じ、労働契約を履行することができなくなり、会社および労働者の両者で協議しても、契約内容の変更が合意に至らない場合

病気などのケースはあるかもしれないですね。
法律的にはこうなっていますが、急に通知するのではなく、事前に本人へきちんと説明するなどして、きちんと納得してもらった方が余分なトラブルを回避できるかと思います。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース ,