成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国障がい者雇用ニュース 障がい者雇用補償金に関する質疑応答

      2019/02/21

中国北京地方税務局のウェイボーに、障がい者雇用補償金(残疾人就业保障金)に関するQ&Aがありましたので、ご紹介します。

納付期限が近いので、まとまってQ&Aがアップされています。納付先は地方税務局ですので、忘れずに報告(雇用基準を満たせていない企業は補償金を納付も)していただければと思います。ネットでも申告できます。

Q:申告期限は?
A:北京市の場合、2017年の申告期限は11月1日~12月15日である。

Q:新たに設立した企業は納付義務があるか?
A:2017年1月1日以降に設立した企業は、本年は申告する必要がない。

Q:補償金の計算上、「前期社員平均人数」はどのように計算するのか?
A:前期各月の人数を総計して12で割って求める。

Q:ネットで申告するとき、何を提出しないといけないか?
A:障がい者雇用を満たしている企業は、《北京市用人单位安排残疾人就业情况审核确定书》と《残疾人就业保障金缴费申报表》を提出する。満たしていない企業は、《残疾人就业保障金缴费申报表》を提出しなければならない。

北京市地方税務局の場合、20人以下の小規模企業は3年間の免除があるようです(念のため窓口で確認ください)。
日本にもおなじような制度がありますが、なかなか障がい者雇用が進みません。障がい者雇用が進むといいですね。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース