成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国賃金ニュース 広東省賃金調査発表、深セン市が14万円でトップを維持。

      2019/02/21

中国各種メディアで「広東省における賃金調査」の記事がありましたのでご紹介します。
もともとの出所は、「中国南方人材市場」のようです。

広東省広州市周辺には、日系自動車メーカーが進出していますので、上海市(含む江蘇省や浙江省)周辺に次いで日系企業が多い地域ですね。
深セン市は、テンセントやファウェイなどIT、携帯関係の巨大企業がありますので、経済的に恵まれた地域です。

ということで、賃金も高そうですが、調査の結果はどうでしょうか?
工場は、地方からの人材採用で何とか対応という企業も多いようですが、優秀なホワイトカラーの採用になると、高賃金での採用が続きそうです。

①地域別
・深センが8,421元(17円で約14万円)で5年連続でトップ、次いで広州市7,210元、珠海市が6,492元でつづいている。

②学歴別
・研究生卒が8,704元でトップとなっている。
・伸び率は、高中卒が37.93%と高い伸びとなった。

③業界別
・金融業がトップで12,027元、次いでネット系が8,220元、不動産が8,145元でつづいている。

なお、調査は、サンプル数が212万、広州、深セン、珠海、仏山、東莞、恵州、中山などの9都市、12の業種、327の職位の調査がされています。
日本の大卒初任給にはまだ届きませんが、10%で伸びつづけると4年後には20万円に届きそうです。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース ,