成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国労務ニュース 産休期間は有給期間に含めて計算してもよいか?

      2019/02/21

中国上海人力社会保障部のウェイボーに「産休と有給休暇の関連」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

Q:同じ年度内において女性社員が産休を取得し、職場復帰した後、さらに有給休暇を申請した場合、企業は有給休暇を与えないといけないか?
A:《企業従業員有給休暇実施弁法》第6条に以下の規定がある。
・従業員が、里帰り、結婚、出産、労災などに起因する国家が規定する休暇を享受する場合、この休暇期間は、年次有給休暇の期間には含めない。
なお、生産が逼迫するなどやむを得ない理由により、有給休暇を与えることができない場合、有給休暇を翌年度に繰り越すことができるが、これには従業員の同意が必要となる。

産休は産休、有給は有給ということで、それぞれ別に計算することになります。
中国の女性は、結婚、出産後も、企業で活躍されています。優秀な方も多いので、企業としては助かっていると思います。

日本国内企業もこれらを見習って、女性活躍の職場づくりを進めたいですね。

ワンポイント中国語「带薪年休(有給休暇)」

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース ,