成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 商業健康保険料を会社が負担したら、税金はどうなる?

      2019/02/21

中国上海税務局のウェイボーに「商業健康保険料と個人所得税の関係」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。
福利厚生の一環として、会社が社員のために保険料を負担して商業健康保険を掛けるなどの場合の取り扱いを含ます。

Q:商業保険料は個人所得税上、どのように扱われるか?
A:法律に適合した商業健康保険商品に関する支出は、当年(月)の個人所得税額計算時に控除できる。なお、控除限度額は年2,400元(月200元)である。
  また、会社が社員のために法律に適合した商業健康保険商品に関する支出をした場合、社員個人賃金給与に組み入れ、個人が保険を購入したとみなして、上記の金額の範囲で控除できる。

Q:いつからスタートか?
A:2017年7月1日から全国で執行する。なお、2016年1月1日からの試行地域は、7月1日以降も本規定に従って執行する。

2016年から試行していた法律が全国に広げられるようです。健康保険だけで社員のロイヤルティーが改善されるとは思いませんが、会社政策の一手法としてご検討ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 労務・社会保険改正などのニュース