成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国輸出入統計ニュース 2018年上半期データの統計発表 総額は順調に増加するも、輸出入差額は縮小

      2019/02/21

中国商務部のウェイボーに「2018年上半期輸出入統計」の発表記事がありましたので、ご紹介します。

アメリカとの貿易戦争の真っ最中ですが、データは上半期のものですので、あまりその影響は受けていない期間ですね。

①概況
・輸出が7.51兆元で前年同期比7.9%増、輸入は6.61兆元で前年同期比11.5%増、輸出入差は9,013.2億元で26.7%縮小した。
②産業別
・輸出は、車が14.9%増、携帯電話が10.7%増、計算機が6.0%増となった。
・輸入は、金属加工基盤が28.0%増、集積回路が22.7%、計算機が17.7%となった。
・なお、繊維服装などの伝統的労働集約産業の輸出は1.41兆元となり、4.1%の減少となった。
③経営主体別
・民間は、輸出が3.57兆元で7.6%増、47.5%の占有率となった。
・外資は、輸出が3.12兆元で1.6%増、41.5%の占有率となった。
・国営は、輸出が8,212億元で7.1%増、10.9%の占有率となった。
④貿易方法別
・一般貿易は、輸出入が8.33兆元で12.2%増となった。
・加工貿易は、輸出入が3.73兆元で0.5%増となった。
⑤国内地域別
・中部地区は、輸出入が1.11兆元で13.0%増となった。
・西部地区は、輸出入が1.09兆元で17.8%増となった。
・東部地区は、輸出入が11.92兆元で6.6%増で占有率は84.4%となった。

輸出先としては、ベトナム、インドネシアなどへの輸出も伸びていますが、額としてはやはり欧米の占める割合が高くなっています。
軽工業から重工業産業の輸出割合が増加していますので、このあたりは順調に変化しているようですが、やはり関税報復合戦の影響が出る可能性がある下半期のデータに注目ですね。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,