成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国不動産ニュース 北京の中古住宅価格が大きく下落

      2019/02/21

中国各種メディアで「北京の中古住宅成約件数が最低に」の記事がありましたので、ご紹介します。

住宅価格の高騰をコントロールするため、政府は様々は施策を打っていますが、その効果が出てきたようです。

・中原地産研究センターが発表した統計によると、6月、北京で成約した中古住宅は9,750戸となり、2015年から4年連続で最低戸数を更新した。前年比13.2%の減少であった。

・2017年3月17日、北京市政府等は新たな政策を発布した。それにより、すでに居住用住宅を保有している家庭や、居住用住宅は保有していないが商業用住宅ローン記録などがある家庭は、普通住宅を購入する際の頭金が最低60%、非普通住宅の場合は80%を必要となった。また、25年以上の住宅ローンは停止になっている。
この影響が顕著になっている。

・価格も下がっており、2017年4月から現在までの累計下げ幅は15%となっており、一部地域では20%近く下がっている。
現在の北京全市の中古価格は平均で58,500元/1㎡となっており、2016年12月の水準相当である。2017年3月に比べて15%下落している、

58、500元は20円だと1,170,000円ですので、100㎡の住宅だと約1億円ですね。
価格調整が入ったとはいえ、まだまだ高いですね。
私の地元、名古屋なら考えられない金額です。

キャピタルゲインでローン返済額を抑えることを計算している層にとっては、中古価格が下がるのは痛いですね。
収入だけでローンが返せるような給与と住宅価格のバランスになっていると、あまり影響はないと思いますが、
まだまだ給与収入水準は日本より低く、住宅価格は日本より高い状態ですので、目算が狂った人もいるかもしれません。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース