成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 鉄鋼業界の財務、いまだ改善せず。

      2019/02/22

中国各種メディアに「鉄鋼業の負債比率が70%と高止まり」の記事がありましたのでご紹介します。
原文は、中国新聞網のようです。

中国の鉄鋼生産が過剰でその解消を国際社会から要請されていましたが、日本のメディアでも報道があったようにある程度は進み、鉄冷えは一服しているようです。

業界再編などで過剰生産能力の整理は進んでいるようですが、それが果たして鉄鋼会社の体力強化につながっているのかについての記事です。

・中国鋼鉄工業協会が発表したデータによると、2017年7月、全国大規模工業の資産負債比率は55.8%で、前年同期比0.7ポイント改善した。
・しかし、大中鋼鉄企業に限ると、資産負債比率は69.9%で高止まりしている。一般的には、企業の資産負債比率は、60%以下である。
・2000年以降、中国鋼鉄業の資産負債比率は徐々に上昇しており、2008年の金融危機後に60%を突破し、全業界平均の負債率を数年連続して超過した。

一般には、資産負債比率が60%とのことなので、逆に言えば、自己資本比率が40%ですね。結構高いなという印象です。
日本だと50%あると優良企業のしるしとされますね。
自己資本比率30%(負債率70%)で危機感を持って対応するようですので、日本企業も財務体力の強化が必要かもしれません。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース