成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 大都市における大学新卒者の賃金状況は? 

      2019/02/22

中国各種メディアが「中国”一級都市、新一級都市”における大卒新卒者の賃金の状況」を報道していますので、ご紹介します。
レポートは、麦可思(mycos)のもので、それを各メディアが報道しています。

”新一級都市”とは、成都、杭州、南京、武漢、天津、西安、重慶、青島、瀋陽、長沙、大連、厦門、無錫の13都市です。
もともと、”一級都市”と呼ばれる、北京、上海、広州、深センの次につながる都市をいう感じでしょうか。
大連のある遼寧省は不景気なので、大連がここが含まれるのが意外ですが、地域中核都市であることは間違いないようです。

①就職者の分布
・学卒新卒者が新一級都市で就職した比率は23%と、前年比1ポイント上昇した。一級都市のそれは24%で前年比2ポイント上昇した。
・高等職業専門学校を卒業した学生の新一級都市で就職した比率は29%、一級都市のそれは17%であった。
②満足度
・新一級都市に就職した学卒新卒者の満足度は、2014年が60%、2015年が62%、2016年が66%であった。
・一級都市に就職した学卒新卒者の満足度は、2014年が65%、2015年が66%、2016年が71%であった。
③賃金
・新一級都市に就職した学卒新卒者の平均賃金は、2016年が4,217元であった。一級都市のそれは5,437元であった。
・新一級都市に就職した高等職業専門学校の平均賃金は、2016年が3,705元であった。一級都市のそれは4,436元であった。

調査会社によって、ばらつきはありますが、初任給、高くなってますね。mycosの調査では、一級の4大都市の平均で5,000元を超えています。
家賃など生活費も上昇しますので、賃金上昇が即、購買力アップになるようには思えませんが、それでも、消費には良い影響だろうと思います。
大都市で、はGDP成長額に対して消費の占める割合(消費貢献率)が7割を超えています。
経済構造が大きく変わっています。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース