成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 各省のGDP発表、国家レベルの経済規模となる省が続出

      2019/02/22

中国の各種メディアに中国の省と外国のGDP比較の記事がありましたので、ご紹介します。

①概要
・7月31日までに31省区市の上半期GDPが発表された。
・うち、14地区が1兆元クラブの仲間入りとなった。
・成長が早いのは、チベット、重慶、貴州で10%程度の成長、雲南、江西が9%程度の成長となった。
・逆に成長率が低いのは、遼寧省で2.1%、甘粛、黒竜江省、吉林省も低い成長率となった。
・規模は、広東省が最も大きく4兆1,957億元、もっとも小さいのはチベットで555億元であった。

②国家との比較
・世界銀行が発表した各国のGDPとの比較を行った。
・中国1位の広東省は、スペインと同規模であった。スペインはヨーロッパ諸国で6位、世界13位の規模である。
・中国2位の江蘇省は、オーストラリアの同規模であった。オーストラリアは世界12位である。
・中国3位の山東省は、メキシコと同規模であった。メキシコは世界15位である。
・中国13位の北京市はノルウェーと同規模であった。

(比較表)

あらためて大きな市場ですね。
人口が多いので、1人当たりGDPは2016年名目値で8千米ドル程度と、まだ低いですが、北京、天津、上海など9地区で1万米ドルを超えてきました。日本のそれは、2016年名目ベースで3.8万米ドルですので、地域によっては「平均」で4分の1まで迫っています。アジアでは、2016年名目ベースで、香港が4.3万米ドル、韓国が2.7万米ドル、台湾が2.2万米ドル、マレーシアが0.9万米ドルです。
中国全体でもこのまま成長すれば、(人口横ばいで)4年後には1万ドル突破です。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース