成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 小型家電製品の製品不具合が相次ぐ。外国ブランドも。

      2019/02/22

中国各種メディアで「家電製品に品質問題相次ぐ」の記事がありましたので、ご紹介します。元記事は、中国経済報だと思います。

今回対象となったのは、空気清浄器や掃除機などの「小家電」と言われる比較的、小さなサイズの電化製品です。
不良とされた製品には、外国ブランドも含まれています。

・7月31日、陕西省が2017年上半期の品質検査結果を発表した。電子電気製品の合格率は86.4%であった。ただ、空気清浄器の合格率が低く54.6%にとどまった。POVOS、日立といった有名ブランドも問題が検出された。
・7月26日、広州市工商行政管理局が検査結果を発表した。不合格率は11.49%であった。
・7月19日、北京市工商局が調査結果を発表した。小熊電器のゆで卵機が不合格、荣事达(Royalstar)のホットプレートも不合格とされた。小熊電器によると、不合格とされたのは2015年のもので、すでに生産を停止しているため、問題はないとしている。
・小家電市場は2016年は8.8%の成長率であったが、うち、小家電7兄弟と呼ばれている製品の市場規模は503.1億元となった。例えば、電気湯沸し器は55.7億元で89.9%の成長であった。

各地の品質管理局などで頻繁にかつ定期的に検査が行われていますので、この種の記事はよく掲載されています。

電化製品の不具合は、けがなどにもつながりますので、品質保持は死活問題ですね。業界は違いますが、エアバック問題では、一部で、その原因が生産手順が守られていなかったなどの報道がありました。

中国や第三国で生産する場合、似たようなことが起こらないとも限りませんので、より一層のケアが必要ではないかと思います。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース