成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 中国の華為ファーウェイで働く社員の年収は?

      2019/02/22

中国新浪ウェイボーに「華為ファーウェイ(中文:华为huawei)で働く社員の給与事情」に関する記事がありましたので、ご紹介します。

先日、華為ファーウェイが千葉県に進出するという記事が新聞を賑わしました。
それ以上に話題になったのは、その初任給。
大手採用ウェブサイドに掲載されたそれは、なんと40万円!ネットで話題になりました。

新浪ウェイボーの記事には、中国華為の人事制度の一部が紹介されています。

①給与構造
・基本給+年末賞与+配当である。
・海外の生活困難国へ常駐する場合は、補助がある。例えば、ケニア赴任では、生活補助手当が毎日70米ドル(110円で約7千円)で加えて、単身赴任手当が毎月手取りで9,000元(16円で約14万円)ある。
※以下、人民元から日本円への換算は16円とする。

②等級制度
・等級制度があり、その等級別に給与が決まる。学卒の新卒者は13級からスタートする。等級内にはABCの小等級があり、通常、毎年1小等級づつ昇格していく。
・最高等級は22級、23級で、このクラスでは、いわゆるBOSSと呼ばれる階層となる。

③基本給水準
・それほど高くない。学卒では、約1万元(16万円)、研究生卒で1.2万元(約19万円)である。
・入社後7、8年の社員の場合、2万元多となる(32万円)。
・よって、収入差は、基本給ではなく、賞与や配当の支給額の多寡で決まる。
・ただし、入社3年間は配当が受けられない。

④賞与
・評価は、A、B+、B、Cの4種類ある。
・C評価の社員は淘汰される対象になる。
・13等級の社員は、3,000元(約5万円)の月間賞与、14級は4,000元(約6万円)の月間賞与がある。
・年末賞与の計算は簡単で、A評価は4か月分、B+は3か月、Bは2か月である。もちろん、業績によって増減する。

⑤まとめ
・10年勤務の非管理職普通社員は16~17等級社員である。税込年収は60万~70万元(960万円~1,120万円)である。

10年勤務の32歳前後で、1,000万円が平均的だと日本より高水準ですね。
優秀な人材が集まりそうです。この人財が華為の成長を支えているのだろうなと推察されます(華為は訪問したことがないので、あくまで推察ですが)。

初任給40万円を支払う日本企業が珍しくない状況になると、面白いことになりそうな気がします。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,