成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 各地の2016年平均賃金発表。高い伸び率、格差広がる。

      2019/02/22

中国各種メディアで「2016年平均賃金」の記事がありましたのでご紹介します。
国家統計局の全国の平均賃金の発表後、各地の統計局から発表されたデータを中国経済週刊がまとめたようです。

なお、全国の水準は下記の過去記事を参照ください。
・中国 2016年度平均賃金発表 民間企業は8.2%アップ
・中国 2016年度平均賃金発表 非民間企業は8.9%アップ

・賃金が高い地域は、北京、浙江、広東、江蘇が7万元を超過超過している(非民間)
・賃金が低い地域は、河南、河北、山西、湖南、江西、吉林、広西、安徽で6万元を割っている(非民間)
・北京の非民間平均賃金は歴史上、最も高額となり、2015年に比べて8,538元の増加(7.7%増)となった。
・民間企業での賃金格差が目立っている。1位の北京は65,881元、19位の吉林は30,184元でその差35,697元で吉林は北京の半分にも届かない。

地域によって異なりますが、増加率は高水準で8%前後といったところでしょうか。
上記表は、国家統計局の数値ですが、もっとも高い北京の非民間で119,928元(1元=16円で1,918,848円)となりました。
200万円以下ですからまだまだ日本よりは低いですが、ITなどの業界では、1億円プレーヤーがいるなど格差は広がっているようです。
200万円以下ですので、なんとなく低いようにも思えますが、あくまで平均なので、実態はもっと高い水準になっているようです。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース