成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 海外旅行のカード利用内容がガラス張りに

      2019/02/22

中国各種メディアで「外貨管理局が国外での銀行カード消費額のデータ収集を9月から開始」のニュースがありましたので、ご紹介します。
政策目的は、利用者の保護や利便性の向上、さらにはマネーロンダリングの防止のためのようです。
購入データを政府に知られるのは嫌だなぁという方もいるかもしれませんので、そうなると、カード消費に多少の影響が出るかもしれないですね。

・外貨管理局が6月2日に「国家外汇管理局关于金融机构报送银行卡境外交易信息的通知」を発布した。
・通知の主たる内容は以下である。
 ①カードを発行する金融機関は、国外での1000元超えの消費データを外貨管理局に報告しなければならない。
 ②報告義務があるのは、金融機関であり、カード利用者である個人は報告などする必要はない。
 ③報告は毎日報告しなければならない。
 ④9月1日より施行する(9月2日から報告開始)

海外での買い物のほとんどはカード利用でしょうから、これに影響が出ると日本経済にとっても良くないですね。
ちなみに、中国人の海外での2016年のカード消費は1,200億米ドル(100円で12兆円)と大変な規模です。
今回収集するデータが購買行動を分析するのに有効なスタイルで開示されて、いろいろと活かせるといいのですけど・・・。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース