成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 経済指標を更新しました(ダウンロード)

      2019/02/22

中国国家統計局のデータから中国経済指標を更新しました。。1月分データの一部が更新されました。分析のご参考になればと思います。

①物価(CPI)
・12月、1月と約2%の上昇ですね(前年同月)。前月比では11月12月はほぼ横ばいでしたが、1月は1%上昇になりました。
②業況(工業企業)
・工業企業のみですが、2015年12月と2016年12月では少し赤字企業が増えています。赤字額も同様の傾向ですね。
③外商投資企業数
・2015年12月と2016年12月では企業数が若干減っています。
④輸出輸入額
・じりじりですが、輸出-輸入の差が縮まっています。
⑤PMI
・製造業、非製造業ともにここ数か月連続して50%を超えています。
⑥マネーサプライ(M2)
・じりじりと増加しています。景気刺激の金融緩和でしょうか。
⑦外貨準備
・2014年~2015年を山にしてじりじりと下がっています。2012年12月が33,115億米ドル、2016年12月は30,105億米ドルですから4年間で10%減でしょうか。ちなみにピークは40,000億米ドルですからそこからだと25%減です。とはいっても30,000億米ドルはキープしています。俗にいう「輸入の3か月分」を目安にすると、2016年の平均3か月分は33,113億米ドルですので、30,000億ドルだと目安対比90%ですからギリギリですね。
なお、外貨準備の適正額については、みずほ総合研究所様が考察されておられますので参考になさってください。資本取引規制なしの場合は2.8兆米ドル、資本取引規制ありの場合は1.7兆ドルとのことです。
・日本企業にとっては、中国子会社からの外貨送金が滞ることが心配ですね。各銀行に割り当てされている外貨枠が底をつくと、(非貿易取引の)外貨送金ができなくなるというようなことがあるようです。金融機関との情報交換を密にされて対応いただければと思います。

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース