成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 一人当り生活処分所得 6省が3万元を超える

      2019/02/22

中国国家統計局から2016年の一人当り生活処分所得(中文:可支配收入)に関する記事が出ていますのでご紹介します。「可支配收入」は、収入のうち、家庭の日常生活に支出する部分をいいます。3万元は1元17円とすると約51万円ですね。月間約4万円くらいでしょうか。

・2016年の全国平均は23,821元であった。前年比名目で8.4%、実質で6.3%の上昇であった。
・都市は平均33,616元、農村は平均12,363元であった。
・省別では上海市が54,305元、北京市が52,530元で両都市だけが5万元を超えている(17円で85万円)
・以下、浙江省38,529元、天津市34,074元、江蘇省、広東省がそれに続いている。
・下位は、貴州、雲南、青海、広西の各省で、貴州は15,121元であった。上海の3割程度の水準である。
・各省のGDPでは、広東省が7.9兆元(1元17円として134兆円)でトップ、伸び率は7.5%であった。

都市と農村、地域別で格差がありますので、平均を見てもピンときませんが、名目で8%程度の伸びは維持しているようです。収入の捕捉もまだ精度が低いと思われますので、実際はもっと収入があるように思います。スタバなどはいつも満席ですし、高級車が普通車のように走っていますし。
ちなみに2015年の名目国別GDPの11位が韓国で1.3兆米ドル(110円として143兆円)、13位がオーストラリアで1.2兆米ドル(同132兆円)なので、広東省は世界のトップ10位を伺う規模の経済地域ということでしょうか。

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース