成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 第三Qのマクロ経済指標発表

      2019/02/22

中国国家統計局が第三Qのマクロ経済指標を発表しましたのでご紹介します。

①GDP
・GDPは52兆9,971億元となり、6.7%成長となった。
・一次産業は3.5%の伸び、二次産業は6.1%の伸び、三次産業は7.6%の伸びであった。
②大規模工業付加価値増加額
・6.0%の伸びで同水準を維持している。
③固定資産投資、不動産開発投資
・固定資産投資は、42兆6,906億元で実質9.5%の伸びとなった。不動産開発投資は7兆4,598億元で実質7.1%の伸びとなった。
・販売不動産総額は8兆208億元で41.3%の伸び、うち、住宅は43.2%の伸びとなった。
④消費
・社会消費品小売総額は23兆8,482億元で名目10.4%の伸びとなった。
⑤輸出入
・輸出入総額は17兆5,318億元で1.9%のマイナスとなった。うち、輸出が10兆585億元で1.6%のマイナス、輸入は7兆4,733億元で2.3%のマイナスとなった。
⑥消費者物価
・消費者物価指数は2.0%の上昇となった。
⑦収入
・可処分収入は1万7,735元で8.4%の伸びとなった。うち都市は2万5,337元で名目7.8%の伸びであった。

GDPは3%くらいではないかと言われていますが、公表6.7%でした。三次産業は伸びているようです。自動車の販売も減税の追い風もあって伸びています。消費をどう捉えるかがポイントになりそうですが、多くの企業がテスト販売などで消費傾向を探っています。
大規模な市場調査よりも、地道にテスト販売を繰り返してニーズを掴むほうがいいようです。ちなみに、ある越境ECサイトを運営している方とお話ししましたが、そのサイトに掲載して中国で販売してくれと持ち込まれる日本酒は掲載まで半年以上というくらい混雑しているようです。みなさん、大消費地で商売したいということのようです。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,