成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 北京中関村のベンチャービジネス 活発な動き

      2019/02/22

中国メディアの中新网で北京のベンチャービジネスに関する記事(5月13日付)がありましたので抄訳してご紹介します。
北京大学の近くに「中関村」と呼ばれる地域があります。ここはもともと秋葉原のような電子関係のお店が多くありましたが、ベンチャー育成政策によりシリコンバレーのような地域に変化しています。中関村に集積するベンチャー企業の状況が記事で紹介されていました。
なお、数値は第一四半期のものです。

・中関村の352社は358回の投資を受け、金額は661.7億元(前年比60.8%増)に達した。
・中関村企業の企業買収も活発になっていて、海外買収案件も12件あった。前年に比べて8件増加しており、公表金額は106.3億元であった。地域は6か国、分野は4分野に及んでいる。例えば、掌趣科技は11億元で韓国企業を買収、捷成股份はベルギー企業を買収、东方网力はマレーシアCABNETを買収した。
・総収入も増加しており、大規模企業収入は8,326.6億元(15.4%増)となった。科学技術開発投資は294.1億元(17.3%増)で総収入の伸び以上に研究開発が進んでいる。

北京はここ2年出張できておりませんので、見た目の状況は確認できていませんが、記事だけ読むと順調に成長しているようです。
中でも最も資金を集めたのは美团网ですが、レストランクーポンの共同購入などをネットでやっている会社ですね。ポンパレのようなものでしょうか。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,