成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 庶民アンケート結果発表 庶民は不動産や物価についてどう思ってる?

      2019/02/25

中国人民銀行が2016年第一季預金者アンケートの結果を発表しました。各種メディアが報じていますのでご紹介します。

①不動産価格について
・“高い、受け入れられない”が50.7%で1.3ポイント下落した。45.7%が“受け入れられる”と回答した。
・17.6%が“値上がりする”と予想し、52.1%が“変わらない”と回答した。
②物価について
・物価満足指数は25.2%となり、1.1ポイント悪化した。うち、52.7%が“高い、受け入れられない”とし、1.7ポイント増加した。
・将来の物価については、24.8%が“値上がりする”とし、51.6%が“変化なし”、11.9%が“下落する”と回答し、11.8%が“わからない”と回答した。
③収入について
・收入DIは46.2%で0.9ポイント改善した。うち、79.6%が“増加”或いは“変化なし”とし 1.2ポイント改善した。
④就業について
・就業DIは37.6%で0.7ポイント悪化した。うち、11.4%が“状況は良い、就業は容易”とし、43.5%が“普通”、45.1%が“厳しい”或いは“わからない”と回答した。

物価は高いと感じている庶民が多いようですね。豚肉が30%近く値上がりしたなどのニュースもありますのでわかるような気がします。また、就職は半数近くが“厳しい”としていますので、就職にあぶれた人や今後大規模なリストラが予想される過剰生産能力企業の社員の受け皿産業の育成が急務となっているようです。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース