成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 ゾンビ企業で多額の粉飾決算!貸しはがしを恐れる

      2019/02/25

中国では、石炭、鉄鋼、造船などの分野が、過剰生産能力の問題で構造不況となっています。政府は合併や破産などで競争力のない企業を退場させ淘汰を図り、過剰生産問題をクリアしたいようですが、各企業は生き残りに必死のようです。

・山西省の石炭企業のある財務責任者が匿名を条件に明らかにしたところ、「決算書では5,000万元に黒字であるが、これは粉飾で、実際は10億元以上の赤字である。銀行との引き合いを引き留めるために行った」とのことである。
・山西省の石炭業界の赤字は業界で70億元にのぼり、有力20社の内、7社は操業停止となっている。
・鉄鋼業界では、協会調べによると、70社の国有鉄鋼企業のうち、黒字は10社程度にとどまるとのことであるが、しかしながら、10社以上の企業が「黒字」となっている。
・鉄鋼業界の銀行借入は1.3兆元、銀行以外への負債は2兆元となっていて、高い負債比率である。
・河北省などでは、破産に備えての法整備が検討されており、具体的には、破産配当時に、労働債権はもちろん、30万元以下の債権者を保護しようとすることも検討されている。

記事にもありますが、情報開示が不十分で実態が掴めていないのが実情のようです。過剰生産能力問題解決は重要政策ですので、今後もいろいろな政策や法律が出てくると思います。注意してウォッチしてください。ちなみにゾンビ企業は中国語で「僵尸企业jiang1shi1qi3ye4」といいます。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース