成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 資源大省の苦境明らかに

      2019/02/25

中国の”两会”で各省の代表団からの報告が続いています。不況で苦しむ山西省代表団の発言などをもとに、地方経済の状況について各種メディアで報道されていますのでご報告します。

・山西省の報告によると、同省の石炭業界全体の在庫は5,076万トンで2014年末に比べて3倍と大きく膨らんだ。
・山西省の5大石炭企業の売掛金は678.2億元で年初より35.4%増加した。これは2011年の2.4倍である。負債比率は81.79%で、赤字は94.25億元と大きな金額となった。
・同様のことは、黒竜江省、遼寧省でもおこっており、黒竜江省の代表は「わが省の主要な問題は第二次産業、特に工業」と発言している。
・2015年、中国経済は困難な状況で推移し、資源大省は、GDP増加率は緩やか、財政収入は減少、固定資産投資伸び率は下落、居民消費価格は緩やかな上昇となった。
・経済成長しているのは、東部沿海省、広東、江蘇省、山東省、重慶、貴州である。
地方GDF2015
地方財政収入2015
地方固定資産投資2015
地方居住者収入2015
地方物価2015

東北三省は、景気は悪いわ空気も悪いわで大変です。山西省はもともと貧しい地域ですから資源産業が無くなると厳しいですね。北京より南ですけど結構雪も降りますし。とはいえ、すぐには資源産業に変わる業界が勃興したり進出したりするニュースは聞きませんので、このままでは失業者に対する受け皿を地元で準備するのは難しいかもしれません。とはいえ、人件費の伸びも緩やかになるでしょうから、そこを逆手にとってという考えもあると思います。いずれにしても、”自社のビジネスにとって”どうなのかを検討する必要があると思います。

弊社では、ビジネス継続を検討する際の情報収集や数値計画立案などをトータルに支援しております。ご興味のあるかたは、私のアドレスまで(moroto@attax.co.jp)、企業名、ホームページアドレス、お名前、今の状況や課題などを記載していただきメールしてください。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,