成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 2015年CPI発表、1.4%の上昇に。

      2019/02/25

中国国家統計局から2015年の全国31省CPIが発表されました。全国で1.4%の上昇となりましたが、地域別には差があるようです。各種メディアで報道されていますので、ご紹介します。

・31省のうち、17省で全国平均を上回った。青海省が最も上昇して2.62%、新疆ウイグル自治区は0.57%と最も伸びが低かった。
・都市では1.5%、農村では1.3%であった。
・分類別では、以下のような状況となった。
食品   2.3%↑
たばこ  2.1%↑
衣服   1.0%↑
医療関連 2.0%↑
交通通信 1.7%↓
娯楽教育文化用品及びサービス 1.4%↑
住居関係 0.7%↑
・2015年の1.4%は、2014年のそれに比べて0.6ポイントの下落となり、2010年以来最も低い率となった。2010年以降のCPIは3.3%、5.4%、2.6%、2.6%、2%で推移している。
2015年CPI

CPI(消費者物価指数)の上昇率も落ち着きはじめています。食品は天候不順などの影響もあるようでコストアップ型インフレの様相であまりいいインフレではないようです。メディアによっては、デフレ防止のための金融緩和を求めている論調もあります。よい傾向でないことは認識されているようです。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース