成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国経済ニュース 2021年R&D支出、過去最高に

      2022/01/27

中国国家統計局のウェイボーに「2021年のR&D支出データ」がありましたので、ご紹介します。

R&D支出の明細までは分かりませんが、全体額の推移に関して報告されています。

・2021年のR&D支出は2兆7,864億元となり、前年比で+14.2%となった。実質ベースでは+9.4%であった。
・R&D支出のGDPに占める割合は2.44%となった。2016年以降の統計では過去最高の比率である。
・内、基礎研究経費が1,696億元で+15.6%であった。R&D支出全体に占める基礎研究経費の割合は6.09%で、前年比+0.08ポイントとなった。

OECD平均のGDPに占める割合は、2.47%だそうで、中国の2.44%はほぼ同水準となっています。
世界知財組織が発表した世界イノベーション指数(GII)では、132の国や地域の中で12位だそうで、昨年から2つ順位を上げています。
 第1位 スイス(前年順位1位)
 第2位 スウェーデン(2位)
 第3位 アメリカ(3位)
 第4位 英国(4位)
 第5位 韓国(10位)
 第6位 オランダ(5位)
 第7位 フィンランド(7位)
 第8位 シンガポール(8位)
 第9位 デンマーク(6位)
 第10位 ドイツ(9位)
 第11位 フランス(12位)
 第12位 中国(14位)
 第13位 日本(16位)
 第14位 香港(11位)
 第15位 イスラエル(13位)

手厚い税額控除税制も増加要因の一つになっていると思われます。
支出を増やせばいいというものはないでしょうけど、資金は潤沢であるほうが、開発にはプラスになりそうですね。

 
 

中国の経済動向や法改正は、子会社の経営だけでなく、日本親会社の経営戦略にも影響します。
いわゆるPEST(政治、経済、社会、技術)に関する情報は、経営戦略を考える上で重要な情報であることは間違いありません。
これらPSET情報を把握し、経営戦略の熟慮に活用したいと考える経営者の方は、下記の顧問サービスをご利用ください。
顧問サービスではPEST情報を提供するだけでなく、それに対する日中経営戦略の変更や策定をどうするかについても助言いたします。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・中国経済データや中国税務政策から見た中国経済について
・中国人との付き合い方について
・中国会計や中国税務の基礎講座
・中国子会社の不正防止
これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース