成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国経済ニュース 国有企業の業績はどうだったのか?

   

中国財政部のウェイボーに「2020年の国有企業の業績状況」のプレスがありましたので、ご紹介します。

開催されている全人代などで重要産業分野での国有企業の活動を推進する方針が打ち出されています。
国家資本主義体制である中国では国有企業が果たす役割の比率は大きくなりますが、一方でその非効率性が指摘されることがあります。

財政部から国有企業全体の業況がプレスされています。
はたして儲かっているのでしょうか?

①営業総収入(売上高)
・2020年年間の売上高は632,867億元となり、前年比で2.1%増であった。
・うち、中央企業は353,285億元(▲1.9%)、地方企業は279,582億元(+7.5%)であった。

②税引前利益
・年間で34,222億元で、▲4.5%となった。
・うち、中央企業が21,557億元(▲5.0%)、地方企業が12,665.4億元(▲3.6%)であった。

③納税額
・年間で46,111億元(+0.2%)となった。

コロナの影響で減収減益ですが、黒字は確保しています。

なお、この2年間は貸借対照表に関するデータがプレスから漏れていますが、過去の数値は以下のとおりです。
売上高利益率は5%台を維持していますが、回転率が大幅に低下しています。結果、総資産利益率(利回り)は下がっています。

時系列でみると、資産総額がすごい勢いで伸びています。2012年と2018年を比べると倍以上です(売上高は40%増です)。
自己資本比率は35%前後で安定していますが、17年、18年は獲得利益を大きく上回って自己資本が増加しています。

 

中国の経済動向や法改正は、子会社の経営だけでなく、日本親会社の経営戦略にも影響します。
いわゆるPEST(政治、経済、社会、技術)に関する情報は、経営戦略を考える上で重要な情報であることは間違いありません。
これらPSET情報を把握し、経営戦略の熟慮に活用したいと考える経営者の方は、下記の顧問サービスをご利用ください。
顧問サービスではPEST情報を提供するだけでなく、それに対する日中経営戦略の変更や策定をどうするかについても助言いたします。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・中国経済データや中国税務政策から見た中国経済について
・中国人との付き合い方について
・中国会計や中国税務の基礎講座
・中国子会社の不正防止
これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース