成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国法律ニュース 対中制裁外国法を遵守して中国利益を阻害した場合、制裁される可能性があります。

   

中国商務部のホームページに外国の法律や措置の域外での適用をブロックする新法律がありましたので、一部をご紹介します。

原文は商务部令2021年第1号 阻断外国法律与措施不当域外适用办法で確認できます。

全部で16条の弁法です。9日からスタートしています。ポイントは以下です。

・外国の法律や措置の域外での適用により、中国国家主権や安全への影響をブロックするため、中国国家安全法に基づき、本弁法を制定する。
・本弁法は、国際法や国際関係基本原則に違反して、外国の法律や措置により、中国公民、法人或いはその他組織と第三国の公民や法人などとの正常な経済貿易及びその関連活動を禁止したり、制限したりする状況に対して適用する。

不当な待遇を受けた中国企業は商務部主管部門等に提訴することになり、中国公民や法人等の合法権益を侵害した者は、中国公民や法人等によって人民法院に提訴され、判決に従い賠償することになります。

アメリカとの取引を継続するため、アメリカが要求する対中制裁法案によって中国企業との取引を中止した場合、アメリカとの取引は継続できることの代償として、中国での損害賠償のリスクが出るということですね。
ファーウェイなどとの取引を中止している企業もあろうかと思いますが、ファーウェイなどから提訴される可能性があるということでしょうか。

なお、弁法そのものはあいまいな内容になっていますので、具体的などのようなケースが中国国内での制裁対象になり、どの程度の賠償になるかは不明です。

アメリカ大統領の交代で対中制裁がどうなるかは不透明ですが、アメリカの制裁が停止されれば、板挟みになることはなさそうですが、中長期的、(すでにされているとは思いますが)にアメリカと中国が絡むビジネスチェーン全体像の把握やその見直しなどの対応が必要になるかもしれません。

中国の経済動向や法改正は、子会社の経営だけでなく、日本親会社の経営戦略にも影響します。
いわゆるPEST(政治、経済、社会、技術)に関する情報は、経営戦略を考える上で重要な情報であることは間違いありません。
これらPSET情報を把握し、経営戦略の熟慮に活用したいと考える経営者の方は、下記の顧問サービスをご利用ください。
顧問サービスではPEST情報を提供するだけでなく、それに対する日中経営戦略の変更や策定をどうするかについても助言いたします。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・中国経済データや中国税務政策から見た中国経済について
・中国人との付き合い方について
・中国会計や中国税務の基礎講座
・中国子会社の不正防止
これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,