成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 環境問題に関するヒアリングが5件から20件に増加

      2019/02/25

中国新華社のネットニュース(10月7日)に、中央政府の環境保護部門による地方政府や企業へのヒアリングに関するものがありましたのでご紹介します。

・ヒアリング(中国語「约谈」)とは、環境政策が未履行だったり目標に達していない地方政府や企業に対して、中央の環境保護部門の職員がその理由や是正計画を聞き取り調査するものである。
・件数は2014年が5件であったが、2015年は20件と大幅増加となった。1件は企業へのヒアリングである。
・省都級は5件で、哈爾浜、瀋陽、昆明、長春、郑州の各市である。
・もっとも多いのは河北省で5件であった。具体的には、沧州市、承德市、保定市、隆尧県、任県である。
・次に多いのは河南省で4件であった。具体的には、安阳市、驻马店市、郑州市、南阳市である。
・甘粛省も3件と多いが、これは祁连山保護区の影響がある。
・各市の市長などからは具体的な是正計画は発表されていないので、今後の動きの詳細は不明である。

中国では年々環境に関する取り締まりが厳しくなっています。始末が悪いのは担当者はいいと言っていてもローカルルールのため、問題が起こると結局は企業が責任を取らされることになることがあることです。やはり、環境法令に対策はきちんとやっておかれた方がリスクがおさえられると思います。また、従業員が勝手に排水を川に捨てていて、それが問題になり多額の罰金を支払ったということも耳にしたことがあります。従業員への教育徹底も必要になろうかと思います。
上記の地域では環境行政が厳しくなる可能性がありますので、進出されている企業は地方政府の動向にご留意ください。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース ,