成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 爆買い促進?支付宝とリクルートグループが提携

      2019/02/25

華人視界のネット上に支付宝とリクルートライフスタイルのAirレジが提携したとのニュースがありましたのでご紹介します。
リクルートライフスタイルでもプレスリリースされています。プレスリリースはこちら

支付宝は、中国のネットショッピングで利用される決済方法です。中国の楽天市場のようなタオバオというサイトなどを利用してネットで購入する際は次のような流れでお金と商品が動きます。
①購入者は代金を支付宝に支払い
②販売業者は、支付宝に着金されたのを確認後、出荷
③購入者は商品が問題ないことを確認後、商品受領を支付宝に通知
④支付宝から販売業者へ支払い
この仕組みで、支払ったのにもかかわらず、商品が配達されなかったり、とんでもない商品が届いたりするリスクから消費者を保護しています。中国ではクレジットカード決済よりも普及しています。

この支付宝がAirレジと提携することで支付宝を持っている中国人は日本円に両替する必要もないので、気軽に買い物することができるようになります。リクルートライフスタイルのプレスリリースのよると、正式な開始日は未定のようですが、まずはビックカメラなどで試験的に運用を開始するようです。スマートフォンの支付宝画面を専用決済機にかざすようなイメージで決済でしょうか。お財布携帯のようなイメージですね。記事によると、Airレジは17.6万店で導入されているようです(いろいろな販売分析もできるようです)。また、2014年に来日した中国人は220万人で今年上半期は140万人とのことです。名古屋市の人口を超えています。日中関係や円相場にも影響されると思いますが、爆買いが進みそうです。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース , ,