成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 空気清浄器の市場動向

      2019/02/22

中国の調査会社星图数据のウェイボーに空気清浄器のマーケット分析に関する記事がありましたのでご紹介します。ネットオンラインショップ販売データに関する分析です。

①空気清浄器売上高の家電製品全体売上高に占める割合
・2016年1月~10月までで平均9.2%が空気清浄器の占める割合となった。
・6月がもっとも高い割合となり13.6%を占めるまでになっている。

②ブランド別順位
・フィリップスが第一位となった。続いてブルーエアー、シャープとなった。
・中国国産メーカーではTCLが第四位でトップとなった。
・平均単価では、ブルーエアーが4,265元でトップ、続いてサムソンが2,542元で続いている。

③年齢別・性別分布
・80年後が50%を占める。
・男女比では、男性70%、女性30%

④地域別
・北京、広東省、浙江省、江蘇省の順となった。

日本では、個人的にはフィリップスやブルーエアーの製品はあまり見かけませんが、中国では人気ですね。ネットオンラインショップのみのデータですけど、日本勢はシャープさんとパナソニックさんの2社だけです。ますます空気は汚れているようなので、他メーカーさんも含めて、ビジネスチャンスは大きいと思います。
個人的には天津なども売れているのかなと思いますがそうでもないですね。空気は汚いですし、経済力もある都市なので。広東省は深センや珠海などはきれいな空気ですが、広州は確かに淀んでいますね。ただ、北京天津に比べると空気がきれいな印象なので、意外でした。

 - 中国経済、その他法律に関するニュース