成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国税金ニュース 新個人所得税専用控除のQ&A

      2019/02/21

中国国家税務総局のウェイボーに新個人所得税のQ&Aがありましたので、ご紹介します。
一般市民から質問を受け付け、それに当局が回答する形式のQ&Aです。

(1)子女教育控除
Q:私たち夫婦には子供が二人います。一人は私立幼稚園、一人はインターナショナルスクールに入学しています。子女教育控除は享受できますか?
A:子女教育控除は、公立私立を問わず、また国内国外の学校を問わず享受できる。なお、子女一名につき1,000元/月であるため、貴殿は2,000元の控除を享受できる。

(2)継続教育控除
Q:同時に複数の継続教育を受けている或いは複数の専門技術人員職業資格を取得した場合、同時に享受することはできるか?
A:一納税年度内において、一納税人は最大でも1つの学歴(学位)の継続教育支出控除と、職業資格継続教育控除を享受できる。継続教育支出は最大で8,400元/年(継続教育控除3,600元+職業資格控除4,800元)である。複数の学歴(学位)継続教育控除を享受できず、また、複数の職業資格継続教育控除を享受することもできない。

(3)住宅ローン利息控除
Q:商業住宅ローンを返済し終え、現在は住宅積立金ローンを返済している。この利息は控除できるか?
A:可能である。

(4)大病医療控除
Q:私は2018年12月20日に入院し、2019年1月5日に退院した。治療は年度を跨いでいるが、どのように控除計算すればいいか?
A:治療費は一般に退院日に清算されるため、清算した領収書などの書類に記された日付と金額で以て控除する。すなわち、1月5日に支出した金額を以て2020年の確定申告時に清算する。

個人それぞれさまざまな事情や状況がありますので、この場合はどうする?などのQ&Aが増えてきそうです。
控除計算を間違えると後々面倒なので、都度、税務局に確認されるといいと思います。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 個人所得税改正などのニュース