成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 外国籍社員と確定申告

      2019/02/21

中国広州市地方税務局のウェイボーに「外国籍社員が2016年5月に広州に来て仕事をしたが、12万以上の所得の場合、確定申告しないといけないか?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。

Q:外国籍社員が2016年5月に広州に来て仕事をしたが、12万以上の年間所得の場合、確定申告しないといけないか?
A:《個人所得税自己納税申告弁法(試行)》(国税発[2006]162号)4条に以下の規定がある。
・本弁法第二条第一項にあるいわゆる年所得12万元以上の納税人には、中国国内に住所がなく、かつ、一納税年度における中国国内居住期間が一年に満たない者は含まない。
中国国内に住所がないとは、納税人が中国国内に習慣性の居所を有していないことをいう。
このため、当該外国籍社員が上記の条件に合致する場合、年所得12万元以上場合の確定申告は必要ない。

短期出張の場合は、租税条約の優遇(短期滞在者免税規定)が適用されれば、そもそも中国での納税は必要ないですね。
短期滞在者免税規定の適用の条件は三つありますので(183日を超えない、PEではない、中国子会社が給与を負担しない)、これに抵触しないようにご注意ください。

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、
「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」を
まとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」をまとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

 - 個人所得税改正などのニュース