成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 外国籍社員の里帰り費用を会社負担したら課税されるか?

      2019/02/21

中国北京市地方税務局のウェイボーに「外国籍社員の里帰り費用を会社が負担したら課税されるか?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。

Q:外国籍社員の里帰り費用を会社が負担したら課税されるか?
A:合理的な範囲であれば課税しなくてもよい。《国家税務総局外国籍個人が手当を取得した場合の個人所得税執行問題の通知》(国税発[1997]054号)4条に規定されている。
・条件に合致する外国籍個人が取得した里帰り費用は個人所得税を免除する。
・条件は、納税人は里帰りの交通費支出のエビデンス(コピー)を提出し、実際に里帰りの必要な支出、里帰りの回数やその交通費が合理的である部分は税務機関が確認し免税とする。

里帰りは、「探亲」という中国語で、父母や配偶者などの親戚を訪ねるという意味になります。国慶節で日本に一時帰国された赴任者の方の多いと思います。会社規定に従って中国子会社がその里帰り費用を負担しても課税されませんのでご安心ください。エビデンスは必要ですが。

海外に社員赴任させる税金対応を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、
「海外に社員を赴任させる場合の税金対応」を
まとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

海外に社員赴任させる税金対応を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、「海外に社員を赴任させる場合の税金対応」をまとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

 - 個人所得税改正などのニュース