成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国健康ニュース 新型コロナウィルス肺炎の状況(1月20日現在)

   

中国新型コロナウィルス肺炎の情報をご紹介します。
ソースは、中国国内の公的機関やマスコミでプレスや報道されているものです。

(1)武漢市
昨日までの死亡例は4件です。うち、3件は年齢などがプレスされていますのでご紹介します。
①1月19日の死亡例
・89歳の男性。1月13日に発症。18日に重大な呼吸困難で入院治療。19日23:39分に死亡を確認。患者は高血圧、糖尿病、心臓病があった。
②1月15日の死亡例
・69歳の男性。12月31日に発病、1月4日に病状が悪化。武汉市金银潭医院に移送され治療を受けたが、入院時に重大な心筋炎、腎機能異常、重大な多臓器損傷、胸膜結核などの状態で15日に死亡に至る。
③1月9日の死亡例
・61歳の男性、呼吸機能減退、重症肺炎で入院。同時に腹部腫瘍及び慢性肝臓疾患があった。武漢市華南海鮮市場で貨物購入運搬の業務に従事(海鮮市場は発生源として疑われ現在閉鎖中)。

19日24時現在、武漢市における新型コロナウィルス肺炎の件数は累計で198件、すでに治癒し退院した件数は25件、死亡は4件。
現在、入院治療中件数は169件で、うち重症は35件、危篤9件となっている。

(2)上海市
上海市では2件が新型肺炎として治療中。2件が新型肺炎の疑いで検査中。
①1月21日の報道で発表された事案
・35歳の男性。上海市戸籍。8日に武漢に出向き、11日に上海市に戻った後、発熱、咳などの病状。16日に上海市内の病院で隔離。
②1月20日の報道で発表された事案
・56歳の女性。武漢市戸籍。12日に武漢へ出向き上海に戻った後、発熱、だるいなどの病状。15日に診察隔離。20日現在の報道では、体温は正常で病状は安定しているとのこと。

(3)その他都市で新型肺炎として確認された件数(20日現在)
・北京で5件、広東省で14件

(4)疑似病例で認定確認中(20日現在)
・四川省で2件、雲南省で1件、広西自治区で1件、山東省で1件

(5)中国国外
・タイ2件(新型肺炎確定)、韓国1件(新型肺炎確定)

 - 生活・旅行・文化に関するニュース