成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

香港入国時の注意事項 携帯する現金類が多額の場合に申告が必要に(新法)

      2019/02/21

中国税関総署のウェイボーに「香港入国時の注意事項」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

なお、法律名は「实体货币及不记名可转让票据跨境流动条例」
すでにスタートしてますので、香港へ渡航される方はご注意ください。

・2018年7月16日から香港入国時に申告を必要とする現金類の額について新たなに定める。
・入国時、12万香港ドル(日本円にして約170万円)以上の現金、無記名譲渡債権などの現金類を携帯する場合、入国時には、申告窓口(红色通道)で書面申告しなければならない。
・法に従わず、申告しない場合、初犯であり、かつテロ資金などのブラックマネーでなければ、刑事記録とはせず、2,000香港ドルの罰金とする。再犯の場合、刑事事件とし、最高50万香港ドルの罰金及び2年の収監とする。
・なお、7月16日より3か月間は周知期間とし、初犯の場合、書面警告にとどめる。

最近の香港はマネーロンダリング規制が厳しくなっていて、会社も簡単には設立できなくなっています。
一般旅行であれば、170万円など携帯しないと思いますが、買い付けなどを理由に多額の現金を持参される必要があるにはご注意ください。

ちなみに、中国本土への入国の際、申告が必要となる現金の基準はもっと低いのでさらにご注意ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 生活・旅行・文化に関するニュース ,