成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 税関での現金持ち込み限度を超える例が増加

      2019/02/25

中国では税関関連規定で、現金の持ち込みや持ち出しに制限があります。
春節で海外旅行に出かける人が多いせいか、限度額違反をする人が増加しているようです。
中国税関雑誌に記事がありましたのでご紹介します。

※中国旅行や赴任で逮捕されないための記事はこちら
中国で逮捕されないために

・関連規定により、中国公民、外国人ともに、出入国の際に携帯できる人民元の限度は2万元(5,000米ドル)となっている。
・これを超える場合は「税関申告単(海关申报单)」を記入して、税関の赤色のところで申告しないといけない。申告しない場合は、関連規定により処罰される。
・上海税関によると、某中国人が無申告窓口を通過しようとしたところ、荷物のX線検査で疑義があり検査を行った。
・検査の結果、1,060万円(人民元約64万元)が発見された。
・規定を超える現金を携帯しての出国の場合、銀行及び外貨管理局で《携帯外貨出国許可証》を入手し、税関に提出しなければならないが、彼はそれを提示しなかった。
・今年に入って、このような案件が9件あり、金額にして470万人民元に達している。
・入国の場合、5,000米ドル(日本円で約55万円)を超える場合、税関で申告が必要である。

実際は、ハンドキャリーで多額の現金を持ち込む方もいらっしゃいる方も多く、そのままスルーということが多いようですが、ご注意ください。
空港ではエックス線検査をする場合としない場合もあり、する場合も結構適当でやる気あるの?、とこちらが心配になってしまうことも多々ありますが、運悪く引っかかることもあるかもしれませんので、ご紹介いたしました。

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、
「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」を
まとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

中国税務、中国子会社管理の基礎知識を知りたい方へ

メールアドレスをご登録いただくと、「中国税務、中国子会社管理の基礎知識」をまとめた小冊子を無料でダウンロードいただけます。

 ダウンロードはこちらから

 - 生活・旅行・文化に関するニュース