成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国研究開発費ニュース 海外に研究開発費を支払ったら損金算入できるか?

      2019/02/21

中国広州税務局のホームページに「海外に研究開発費を支払ったら損金算入できるか?」の記事がありましたので、ご紹介します。

日本親会社など支払う先はさまざまと思いますが、海外に研究開発費を支払うケースは多いと思います。

支払った費用は経費として処理したいところですが、果たしてどんな取扱いでしょうか?

Q:海外に研究開発費を支払ったら損金算入できるか?
A:財税[2018]64号に以下の規定がある。
・海外に研究開発活動を委託し、費用が発生した場合、その実際発生額の80%は研究費として計上できる。この海外委託研究開発費で、条件に適合する国内研究開発費の3分の2を超えない部分は、損金算入できる。
また、委託受託関係が関連会社の関係にある場合、受託側は委託側に対して研究開発支出の明細を提供しなければならない。
さらに、委託に際しては契約書を締結し、行政部門に登記する必要がある。

ややこしいですね。
モノの動きがないので、その費用が本当にあったのかどうかわかりません。このような目に見えない費用ですから、要件が厳しいですね。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 企業所得税改正などのニュース