成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 財産譲渡収入の計上時期に注意

      2019/02/21

北京市地方税務局のウェイボーに財産を譲渡した際に得られる譲渡収入の計上時期についてのQ&Aがありましたので、ご紹介します。

Q:企業が財産を譲渡した際に譲渡所得を得た場合、それを分割して計上してもいいか?
A:できない。国家税務総局公告2010年第19号の規定により、「企業が財産(各種資産、持分、債券などを含む)の譲渡し得た収入、債務を組み換え際に得た収入(筆者注:DESや債務免除益などを指します)、受贈益収入、弁済不能債務収入などは、貨幣による取得や非貨幣による取得にかかわらず、別途規定されているものを除き、一括して収入を認識した年度に計上しなければならない」とされている。よって、収入を分割して認識することはできない。

分割して代金を受け取るときは、まだ受領していない額は、未収金を認識し、譲渡代金は全額認識するということになります。いわゆる現金主義(代金を受け取ったら収入を認識する方法)では処理できませんので、ご注意ください。

 - 企業所得税改正などのニュース , ,