成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国税務 外国企業が中国でサービス提供したら納税はどうなる?

      2019/02/21

中国国家税務総局のウェイボーに「非居住企業が中国国内で業務をする場合の税務手続きは?」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

中国国内企業ではない、外国企業も中国国内でサービス提供するなどして所得を得た場合は、原則、中国国内での納税が発生します。
とはいえ、外国企業ですから、中国に子会社などの拠点があるわけではありません。拠点があれば、設立登記をして税務署に届け出を行いますが、拠点がない場合はどうするのでしょうか?

Q:非居住企業が中国国内で請負工事や労務の提供をした場合、何時、税務登記手続きをするのか?
A:《非居住請負工事作業或いは労務提供の税収管理暫定弁法》(国家税務総局令第19号)第5条1款に以下の規定がある。
・非居住企業が中国国内で請負工事作業或いは労務提供をした場合、当該プロジェクト契約或いは協議を締結した日を起点にして30日以内に所在地主管税務機関に対して税務登記手続きを行う。

外国企業なので納税しなくてもいいのかな、と思われる方もいるかもしれませんが、そうではありませんので、ご注意ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 企業所得税改正などのニュース