成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 税制優遇の解説 広告宣伝費の損金算入枠が拡大された業界とは?

      2019/02/21

中国広州市国税局のウェイボーに「広告宣伝費の損金算入の優遇措置」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。
業種は限られますが、優遇で節税になりそうです。

Q:広告宣伝費の損金算入の原則的な取扱いは?
A:企業所得税法実施条例に、当年の営業収入を15%を超えない範囲で損金算入できる。超える部分は、翌年度に繰り越しできる。

Q:新たな優遇措置は?
A:財税[2017]41号で、化粧品製造或いは販売、医薬製造と飲料製造(酒類は含まない)企業は、当年の営業収入30%を超えない範囲で損金算入できる。超える部分は、翌年度に繰り越しできる。

化粧品や飲料に関連する企業には朗報ですね。広告宣伝費を多額に支出する業種だと思いますので、15ポイントの増加は大きいですね。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 企業所得税改正などのニュース