成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 給料ともに通勤手当を支給した場合、福利費と給料のどちらで控除するのか?

      2019/02/21

中国広州市国家税務総局のウェイボーに「給料ともに通勤手当を支給した場合、福利費と給料のどちらで控除するのか?」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。
法人の申告が始まりましたが、それに関連しますので、正しく申告するために、ご確認ください。

Q:給料ともに通勤手当を支給した場合、福利費と給料のどちらで控除するのか?
A:《国家税務総局企業の賃金給与と福利費等の支出の損金算入問題の公告》(国家税務総局公告2015年第34号)に以下の規定がある。
・企業の賃金給与制度で、給与とともに固定的に福利性の手当を支給する場合、国税函[2009]3号第一条の規定に合致する場合、当該福利性手当は賃金給与とみなして、損金算入してよい。条件に合わない場合は、福利費として損金算入する。

ご承知のとおり、福利費になると、一定額以上の金額は損金算入できなくなります。つまり、超えた分は、税務上は経費として認められず税金がかかりますので、ご注意ください。賃金給与は、通常は全額損金算入できますので、なるべく賃金給与として処理できるように工夫してください。

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報などを配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 企業所得税改正などのニュース