成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 商品代金を前受する販売方式の売り上げ計上時期はいつ?

      2019/02/21

中国北京市地方税務局のウェイボーに「商品代金を前受する販売方式の売り上げ計上時期はいつ?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。

Q:商品代金を前受する販売方式の売り上げ計上時期はいつ?
A:国税函[2008]875号に以下の規定がある(第1条(2))。
・前受金方式で販売する場合、売り上げは商品を払い出した日に認識する。

企業所得税の面ではほぼ日本と同じ処理となります。ただ、増値税の面では、代金を受け取った時点で発票を発行した場合、納税しないといけないので、このことを理由に前受金ではなくて売上高にしてしまうことが実務的には多く見られます。納税が早まりますので納税者不利ですが、会計的には儲けが早く計上されることで利益が歪み、「儲かっている」と勘違いしてしまいます。このような取引があった場合、日本親会社などへの報告資料では早く計上してしまった売上を控除するなどして実態に合わせた報告をすることが必要です。

 - 企業所得税改正などのニュース