成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 社員食堂の職員給与は人件費?それとも福利厚生費?

      2019/02/21

社員食堂をお持ちの中国現地法人も多いかと思います。社員食堂に係る職員給与などの経費処理はどうされているでしょうか?賃金給与で計上していると問題になります。これについて中国税務新聞のウェイボーに解説がありましたのでご紹介します。中国では、賃金給与はよほどのことがない限り損金となりますが、福利厚生費は賃金給与の14%を超える部分は損金不算入になります。つまり社員食堂の職員給与を賃金給与とすると損金不算入計算に影響がでますので問題となるケースがあります。以下確認ください。

《国家税務総局企業賃金給与及び従業員福利厚生費控除問題の通知》(国税函[2009]3号)に以下の規定がある。
・《実施条例》40条の企業従業員福利費には、福利設備で発生する設備費用や従業員費用を指しこれには従業員食堂、浴室、理髪店、医務室、託児所等の設備費用や当該福利施設で働く人員の給与、社会保険料・住宅積立等の福利費用を含む。
さらに、福利費は独立した科目による集計を行う必要があるとの規定がある。よって、食堂施設で発生する職員の給与などの費用は福利厚生として処理しなければならない。

賃金給与とか電気代などで処理せずに、福利厚生費として計上し、上記の14%の金額と比較する必要があります。

 - 企業所得税改正などのニュース , ,