成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 国外出張時に支払った国外での治療費は損金算入できるか?

      2019/02/21

中国税務新聞に「国外出張時に支払った国外での治療費は損金算入できるか?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。決算処理をされている時期と思いますので参考にしてください。

Q:国外出張時に支払った国外での治療費は、中国発票でなく国外領収書で損金算入できるか?
A:《企業所得税法》第8条に以下の規定がある。
・実際に発生し収入に関連する合理的な支出(原価、費用、税金、損失その他支出を含む)は損金算入することができる。
また、《発票管理弁法》第33条に以下の規定がある。
・単位と個人が中国国外から取得した納税関連の発票或いは証憑に対しては、税務機関は税務調査時に当該支出に疑義があるとされた場合、当該国外機構や会計士による証明の提出を要求することができる。
よって、合理的な支出等であれば、損金算入できるが、税務調査で疑義があると指摘された場合、当該国外機構や会計士の証明を提出しなければならない。

 - 企業所得税改正などのニュース ,