成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 DESや無償減資をした際の税務に注意

      2019/02/21

中国北京市地方税務局のウェイボーに企業が債務整理をする際などの税務上の手続きについて記事がありましたのでご紹介します。

Q:会社が、非貨幣資産により債務を弁済したり、デッドエクイティースワップ(DES)をする場合、税務局にどんな資料を提出し検査を受ければいいか?
A:《国家税務総局〈企業再編業務の企業所得税管理弁法〉の公告》(国家税務総局公告2010年第4号)第11条に規定される資料を提出する。
①非貨幣資産により債務を弁済する場合、当事者間で締結した債務弁済協議書または契約書、及び非貨幣資産の公正価額を検証確認できる合法的な証拠等を保存する。
②DESをする場合、当事者間で締結したDES協議書または契約書を保存する。

資料を保存提出させる税務局の意図は、価額が不当に低くないか、つまり税額が減らないかをチェックすることにあると推察されます。
日本でもDESをした際には課税対象になりますが、中国でも同様に課税対象になります。ただ、無償減資の際には注意が必要です。過年度の累積損失をそのままにしておくと見栄えが悪いので、資本金を減らして、累積損失を埋めるということがされることがありますが、これについて日本では資本取引ということで課税対象にはなりませんが、中国では「株主が企業に寄付をした」と扱われ課税対象になります。税務上の繰越欠損金の範囲内であれば納税はありませんが、しかし、税務上の繰越欠損金を消費してしまいますので、利益が出始めると納税することになります。

日本の感覚で累積損失を埋めるために無償減資をすると思わぬ課税になりますのでご注意ください。

 - 企業所得税改正などのニュース , , , ,