成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国 開業費の税務処理は?

      2019/02/21

中国北京市地方税務局のウェイボーに「開業費は企業所得税法上、どのように損金算入するのか?」のQ&Aがありましたのでご紹介します。

Q:開業費は企業所得税法上、どのように損金算入するのか?
A:国家税務総局《企業所得税の若干の税務事項調整問題に関する通知》(国税函[2009]98号)の以下の規定に従って損金算入する。
九、開業費に関する処理
企業所得税法において、開業費を長期前払費用として処理するとは明記されていないので企業は経営開始の日の属する事業年度に一括して損金算入することができ、また、企業所得税法の長期前払費用の処理規定を準用して処理することもできる。但し、一旦選択したら、変更してはならない。企業が企業所得税法実施以前の事業年度で償却が完了していない開業費についても、上述の規定により処理することができる。

日本親会社が開業費を負担すると、日本側で損金経理する際に税務署と揉めるケースがありますので、中国子会社の負担にできると税務上は安心です。

 - 企業所得税改正などのニュース ,